LOL盛り上げ君

LOL(League of Legends)のLJLハイライト動画をまとめています。 LOLの海外プロやLJL選手の面白をまとめています。 Twitterで流行ったものをまとめています。 初心者ガイドやLOL漫画をまとめています。

    管理人雑記

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    21人のご応募ありがとうございました!!!

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    http://livedoor.4.blogimg.jp/ljlhighlight/imgs/c/9/c93d83db.gif
    【名前】
    ジントニック.

    【戦績】
    プラチナ(だった)
    日本鯖:https://jp.op.gg/summoner/userName=jintonicc
    NAサバ:https://na.op.gg/summoner/userName=jintonicc

    【ロール】
    SUP>JG>>>TOP>>>越えられない壁>>>MID>>>>>>>>>>>>>ADC
    CSが取るのが苦手で、CSを比較的取らないロールが良いです。

    【好きなChampion】
    (Eが回復してた時代の)アリスター
    (ultが対象指定時代の)ワーウィック

    【好きなゲーム】
    LOL ハースストーン

    【マイページ】
    Twitter:https://twitter.com/LJLhighlight
    YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCy90Df1O36RA230gTq4E5cg
    ブログRSS:http://lolhighlight.online/index.rdf

    【サイト内容】
    LJLハイライト動画を(私が)投稿したものをまとめています。
    また、海外プロの動画やLOLで今強いチャンピオン(OP)を紹介します。
    TwitterでLOL情報が盛り上がっていれば、まとめています。

    【問い合わせ】
    Twitterか当ブログのメッセージからお願い致します。

    【好きなチーム】
    日本:DFM
    海外:TSMとUoL

    【好きな選手】
    日本:CerosYutapon
    海外:Bjergsen

    【自己紹介】
    LJLのハイライト動画を投稿しています
    LOLは1試合30分前後、試合前後の時間も含めて1試合1時間ぐらい取られます。
    ゲーム内容だけ観たい!という方向けに、試合前と試合後のインタビューも入れてhighlightでまとめています。

    【動画投稿を始めた理由】
    私はLOLが好きですし、実際にプレイもしています。ランクはプラチナですが、最近プレイする時間がありません、ぐぬぬ。
    また、海外のLeagueofLegendsのプロの試合を観るのが好きです、。。TSMファンボーイです。TSMTSM!!
    そこで思うのが、海外のLOLはすごい熱狂的で盛り上がっていますが、日本のLOLは海外より盛り上がってないと思っています。(2017/8時点)
    日本のLJLは成長していっていましす、海外選手に負けないスキルを持った選手もでてきています。注目されていないのが残念です・・・
    なので!そこで!
    少しでも日本のLOL、LJLが盛り上がればいいなと思いましたので、投稿しています!!!日本のLOL,LJLと私を応援よろしくお願いします!!

    Twitterで最新情報を呟いています。 フォローをお願い致します!!

    【著作権】
    http://lolhighlight.online/archives/3265298.html

    【Twitterの引用】
    Twitterの規約に基づいて引用します。
    ユーザーは、 本サービス上にまたは本サービスを介してコンテンツを送信、投稿、表示することをもって、媒体または配布方法 (既知のまたは今後開発されるもの) を問わず、かかるコンテンツを使用、コピー、複製、処理、改変、修正、公表、送信、表示および配布するための、世界的な非排他的ライセンスを (サブライセンスを許諾する権利と共に) 当社に対して無償で許諾するものとします。
    【他Web情報からの引用】
    この「著作権法」の第32条の引用規定に則って、投稿しています。
    [1]公正な慣行に合致すること,引用の目的上,正当な範囲内で行われることを条件とし,自分の著作物に他人の著作物を引用して利用することができる。同様の目的であれば,翻訳もできる。(注5)[2]国等が行政のPRのために発行した資料等は,説明の材料として新聞,雑誌等に転載することができる。ただし,転載を禁ずる旨の表示がされている場合はこの例外規定は適用されない。
    出典元:著作物が自由に使える場合|文化庁
    万が一、掲載している内容・情報などに関して問題がございましたら、ご連絡ください。

    最終更新日
    2018/02/27

    更新履歴
    2017/08/09 自己紹介ページ作成
    2017/08/26 問い合わせと著作権とサイト内容を追加
    2018/02/07 引用ルールを追加

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    <著作権について>
    当サイトで掲載している動画、画像等の著作権は、製作者様及び発案者様に帰属します。著作権等の侵害を目的とするものではありません。掲載している画像などに関して削除依頼などがございましたら、コメントにて権利保有者の方が掲載しているURLと掲載箇所を記載頂きご連絡ください。即座に削除等の対応をとらせて頂きます。
    ご連絡はTwitterか当ブログのメッセージまでお願い致します。

    このページのトップヘ