炎上速報(炎上情報まとめブログ)

炎上しているニュース(事件)や話題なネットニュース・ゲーム界隈、コスプレをまとめています。 オススメな情報を厳選してまとめています。

    人気/話題

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ■山手線の新大久保~高田馬場駅間での信号装置故障の影響で、外回り電車が運転を見合わせていた 【【現代の奴隷船】高田馬場駅での信号装置故障の影響で山手線が運転見合わせし、会社に着くまでのアトラクションが90分待ちでホームが地獄絵図になる【満員電車】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ■宝塚記念】関ジャニ∞が地元・関西の阪神競馬場で国歌斉唱 【【競馬】阪神競馬場の宝塚記念で関ジャニ国歌斉唱目当てのジャニオタの日傘やうちわ、場所取り等マナー悪すぎて兵庫県警がでてきて大草原ww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ■岡副麻希キャスターが日焼けで真っ黒になる
    ■岡副麻希まとめ画像
    【【黒カワ】かわいいと話題の岡副麻希アナ(キャスター)が年を追うごとに黒くなっていく!日焼けの原因はサーフォン?画像まとめ【めざまし】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ■川島 「壁の下を通った瞬間、厳しいかなと思ったんですが、どうにかしようと思ったけどダメでした」 yugaaa_peace6-1009075369910009858-20180619_230810-img1
    yugaaa_peace6-1009075369910009858-20180619_230810-img2
    yugaaa_peace6-1009075369910009858-20180619_230810-img3
    yugaaa_peace6-1009075369910009858-20180619_230810-img4
    【【W杯】ゴールなのに空間を曲げてゴールじゃないと言い張る、サッカーの川島選手の顔が草すぎる【誤魔化し】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ■サッカーW杯で今日のハイライトで一瞬映った日本の可愛いサポーターが話題
    ■だれなの?お名前は「涼花」さん? 【【美人】サッカーW杯でハイライトで一瞬映った日本の可愛いショートカットのサポーターの話題まとめ!美人さんはだれ?名前は涼花さん?人気急上昇中!急げ!【かわいい】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ■艦これ運営が伊藤みどりさん、無良崇人さん、澤山璃奈さん出演のアイスショーを開催 【【艦これonICE】艦これ運営が伊藤みどり、無良崇人が出演するアイスショーを開催。艦これ伝説にまた1つ伝説が追加された。艦これって何?(哲学)【フィギアスケート】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ■パワーワード「ゲーム障害」
    ■実際にゲーム障害者と認定されることは稀? 【【社畜=仕事障害】ゲーム障害よりも、日本は仕事依存症な「仕事障害」というパワーワードの方が強烈で大草原www【老人のボケ防止】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ■射殺された原因はマフィアの賭博
    ■当時の動画
    射殺事件

    1次ラウンド終了後、代表チームはアメリカで解散となり、選手の多くは国民の非難や報復などの後難を恐れて帰国を拒否してアメリカに留まった。そんな中でエスコバルだけは「自分はあのオウンゴールについてファンやマスコミに説明する義務がある」と唯一人、意を決して帰国した。しかし、このエスコバルの決断が後に自身の運命を最悪の結末に導く事を決定づけてしまった。

    1994年7月2日の深夜3時半頃、エスコバルは母国コロンビアのメデジン郊外のバーで友人と歓談した後、店から出たところを銃撃され死亡した。まだ27歳という若さであった。エスコバルと一緒にいた友人によると、犯人のウンベルト・ムニョス・カストロは銃撃の際に「Gracias por el auto gol(オウンゴールをありがとう)」という言葉を口にしながら、12発の弾丸を一気に発射したという。

    まだ大会の期間中に起こったこの衝撃的なニュースは世界中に報道され、直後に行われた決勝トーナメント1回戦のドイツ-ベルギー戦とスペイン-スイス戦では彼の死を悼みキックオフ前に黙祷が捧げられた。なお、エスコバルは射殺されなければACミランへ移籍する予定だった。この一連の事件は後に「エスコバルの悲劇」と呼ばれ、今もなお語られている。

    この事件はコロンビア代表がまさかの1次リーグで敗退したことへの報復行為であったと広く信じられているが、果たしてこの犯人が単独で及んだ犯行だったのか、またワールドカップを賭けの対象としていた不法賭博シンジケートが関与していたかどうかについては未だ明らかにされていない。シンジケートの用心棒だった犯人カストロは1995年6月にエスコバル殺害の罪で逮捕され、懲役43年の判決を受け服役したが、模範囚であるとして刑を短縮され11年後に出所した。
    【サッカーW杯でハンドをしたコロンビアのカルロス・サンチェス選手が射殺される危険性が?過去にオウンゴールしたエスコバル選手が帰国後、マフィアに射殺された事件がある】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ■サイゼリヤ、ショッピングセンターに入っている全国の275店を7月21日から全席禁煙にすると発表 【サイゼリヤが禁煙になる話題より、サイゼの間違い探し(10個)が9個しか見つからず、「10個の間違いがないのが10個目の間違い」と話題【サイゼリヤパラドックス】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ■安倍政治は罪深い(大きな釣り堀) 【【大きな釣り堀】国会議員の小西ひろゆき「W杯のコロンビア選手がハンドでレッドカードは安倍のせい!安倍政治は罪深い」【大漁】】の続きを読む

    このページのトップヘ