NA LCS Spring Finals2018
SnapCrab_NoName_2018-4-15_21-46-46_No-00

EU LCS Spring Finals2018
SnapCrab_NoName_2018-4-15_21-48-36_No-00

LCK Spring Finals 2018
SnapCrab_NoName_2018-4-15_21-54-34_No-00

LPL Spring Finals 2018
SnapCrab_NoName_2018-4-15_21-59-57_No-00


その頃、日本では・・・・

LJL Spring Finals 2018
SnapCrab_NoName_2018-4-15_22-4-40_No-00
SnapCrab_NoName_2018-4-15_22-11-16_No-00


ちなみに2016年はこちら
SnapCrab_NoName_2018-4-15_22-2-5_No-00

そして、2017年はここ・・・!
SnapCrab_NoName_2018-4-15_22-2-21_No-00

2018年でなぜかダウングレードする・・・。
LJL2018Summerのファイナルも狭い箱でするからよろしく!!
齋藤:そういった声は、もちろん承知しています。経緯で言いますと、今年の目標が選手とファンの距離感を縮めることだったんですね。選手が熱く戦っている姿をファンに感じてもらうためには、会場が大きければ大きいほどそれが難しくなる。その目標のためにどんな会場が望ましいんだっけ、というところからスタートしました。

試合を実際にご覧になった人はわかると思うんですが、選手の声が聞こえる、というのは本当に選手への見方が変わるような体験で、それを伝えることをメインにしたいなというのが大前提ですね。
齋藤:4000人規模の大会を開くには、ライアットゲームズのリソースをかなり集中的に投下する必要があって、さらにビジネス化するためにグッズの開発をしたりスポンサーの営業をしたりとなると、他のことに手が回らなくなってしまう可能性が高いんです。

4000人が集まった幕張メッセはもちろん壮観でしたし、社会的なアピールとしても大きいのはもちろんわかっています。でも、それが本当に今ライアットにとって一番大切なことだっけ? と考え直した時に、先にやることがあるよね、という結論に達しました。
引用元:【ライアットゲームズの“ナカの人”に聞く・後編】「LJLのプロ制度、会場問題、続々始まる新eSportsリーグについては?」

■LJL/ LJL CSのRioterマンのTweet


■Twitterの反応

Riot頼む!!!会場変更してくれええええええええ
はやく!間に合わなくなって知らんぞおおおおお
SnapCrab_NoName_2018-4-15_22-26-51_No-00


・1時間で簡単安心に1,000円を獲得出来る!
手順
1:モッピーに無料登録する。
2:U-NEXTに無料で新規入会する(途中解約可)
※無料期間中に解約すれば、料金は一切かかりません。
3:ポイントは楽天Edy、Tポイントカード、iTunesカード、現金。多様な手段で換金可能!!
モッピー!お金がたまるポイントサイト