炎上速報(炎上情報まとめブログ)

炎上しているニュース(事件)や話題なネットニュース・ゲーム界隈、コスプレをまとめています。 オススメな情報を厳選してまとめています。

    W杯

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ■ドラゴンボール
    kei11119-1013241670438023169-20180701_110334-img1
    【サッカーW杯決勝トーナメントの各国の強さを例えた大喜利画像まとめ【世界大会】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ■守るのはゴールだけじゃない、マナーも守ろう! 【【スリ注意】サッカーW杯で騒ぐ人に大阪市「守るのはゴールだけじゃない、マナーも守ろう!」と伝えるも、道頓堀で飛び跳ね・飛び込む人が絶えず、戎橋が揺れる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ■サッカー韓国代表の反則(ファウル)ひどすぎるまとめ
    ■サッカーW杯で各国代表は ファウル数世界一!! 【【不快】サッカーW杯で韓国代表のファウル(反則)数が世界一多く、サッカーをファウル数競う競技と勘違いする【兵役】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ■動画 【【サッカーW杯】イングランドのスポーツバーでイングランドVSパナマ戦を観戦してたイングランド人、ゴールが決まった瞬間ビールが舞い上がりお祭り状態!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ■日本の華麗なオフサイドトラップ
    ■オフサイドトラップとは? 【【W杯】サッカー日本代表が綺麗に仕掛けたオフサイドトラップがサッカー知らない人からしたら、川島を見捨てた説になってる【川島を信じろ】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ■川島 「壁の下を通った瞬間、厳しいかなと思ったんですが、どうにかしようと思ったけどダメでした」 yugaaa_peace6-1009075369910009858-20180619_230810-img1
    yugaaa_peace6-1009075369910009858-20180619_230810-img2
    yugaaa_peace6-1009075369910009858-20180619_230810-img3
    yugaaa_peace6-1009075369910009858-20180619_230810-img4
    【【W杯】ゴールなのに空間を曲げてゴールじゃないと言い張る、サッカーの川島選手の顔が草すぎる【誤魔化し】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ■サッカーW杯で今日のハイライトで一瞬映った日本の可愛いサポーターが話題
    ■だれなの?お名前は「涼花」さん? 【【美人】サッカーW杯でハイライトで一瞬映った日本の可愛いショートカットのサポーターの話題まとめ!美人さんはだれ?名前は涼花さん?人気急上昇中!急げ!【かわいい】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ■射殺された原因はマフィアの賭博
    ■当時の動画
    射殺事件

    1次ラウンド終了後、代表チームはアメリカで解散となり、選手の多くは国民の非難や報復などの後難を恐れて帰国を拒否してアメリカに留まった。そんな中でエスコバルだけは「自分はあのオウンゴールについてファンやマスコミに説明する義務がある」と唯一人、意を決して帰国した。しかし、このエスコバルの決断が後に自身の運命を最悪の結末に導く事を決定づけてしまった。

    1994年7月2日の深夜3時半頃、エスコバルは母国コロンビアのメデジン郊外のバーで友人と歓談した後、店から出たところを銃撃され死亡した。まだ27歳という若さであった。エスコバルと一緒にいた友人によると、犯人のウンベルト・ムニョス・カストロは銃撃の際に「Gracias por el auto gol(オウンゴールをありがとう)」という言葉を口にしながら、12発の弾丸を一気に発射したという。

    まだ大会の期間中に起こったこの衝撃的なニュースは世界中に報道され、直後に行われた決勝トーナメント1回戦のドイツ-ベルギー戦とスペイン-スイス戦では彼の死を悼みキックオフ前に黙祷が捧げられた。なお、エスコバルは射殺されなければACミランへ移籍する予定だった。この一連の事件は後に「エスコバルの悲劇」と呼ばれ、今もなお語られている。

    この事件はコロンビア代表がまさかの1次リーグで敗退したことへの報復行為であったと広く信じられているが、果たしてこの犯人が単独で及んだ犯行だったのか、またワールドカップを賭けの対象としていた不法賭博シンジケートが関与していたかどうかについては未だ明らかにされていない。シンジケートの用心棒だった犯人カストロは1995年6月にエスコバル殺害の罪で逮捕され、懲役43年の判決を受け服役したが、模範囚であるとして刑を短縮され11年後に出所した。
    【サッカーW杯でハンドをしたコロンビアのカルロス・サンチェス選手が射殺される危険性が?過去にオウンゴールしたエスコバル選手が帰国後、マフィアに射殺された事件がある】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ■安倍政治は罪深い(大きな釣り堀) 【【大きな釣り堀】国会議員の小西ひろゆき「W杯のコロンビア選手がハンドでレッドカードは安倍のせい!安倍政治は罪深い」【大漁】】の続きを読む

    このページのトップヘ