LOL盛り上げ君

LOL(League of Legends)のLJLハイライト動画をまとめています。 LOLの海外プロやLJL選手の面白をまとめています。 Twitterで流行ったものをまとめています。 初心者ガイドやLOL漫画をまとめています。

    スイニャン

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1.お名前の由来は?
    学生時代に中華料理店でアルバイトをしていたときのニックネームが、中国語の「水鳥(shuiniao)」でした。でも韓国語つながりのお友達の間では呼びにくいと不評だったので、「シュイニャオ+ちゃん=スイニャン」にしようと友達がつけてくれたのが始まりです。

    2.好きな食べ物は?
     美味しいなと思って食べられるものは温野菜や五穀米、薬膳料理などです。好きなものより苦手なものが多く辛い物、揚げ物、乳製品の一部(ホワイトソースや生クリームなど)、ステーキ、瓜系の果物など食べられないものが結構たくさんあって困っています。

    3.休日の過ごし方
     ここ何年かで楽しいなあと思える休日の過ごし方は、ふなっしーの動画を見ることやイベントに行くことです。そして昔から長く続けているのが、ヨガですね。あとは夫と一緒に韓国のテレビ番組を見たり、焼肉を食べに行ったりしています。

    4.好きな映画は? 5.好きな音楽は? (この質問を統一させてください)
    映画と音楽をセットで楽しむタイプです。古いものだと香港映画の「重慶森林(邦題:恋する惑星)」。大好きな歌手・王菲(フェイウォン)が主演&主題歌という、わたしの大好きな「アジア」が詰まった作品です。最近だともっぱらボリウッドが好きで、とくに「Yeh Jawaani Hai Deewani(邦題:若さは向こう見ず)」が音楽もキャストもストーリーも最高でした。

    6.好きなチャンピオンは?理由は?
    思い入れの深いチャンピオンは、「ブリッツクランク」ですね。LoLを見始めたばかりであまりわかっていなかったころに韓国のMadLife選手がよく使っていたのが印象的で、グラブで敵をつかまえるところが素人目にもわかりやすくて観戦が楽しいと思った記憶があります。見た目も可愛いし、韓国語のセリフも動画で見て好きになりました。

    7.好きなロールは?
     かつてはチームゲームを観る目がなかったせいか、Topのレーン戦を観るのが好きでした。当時は韓国のFlame選手や中国のKoro選手、日本のAotaka選手やcogcog選手などルックスに魅力のある選手が多かったのもあって、楽しく観戦するきっかけにもなっていた気がします。LoLがだんだんわかるようになってからは最初の直感に戻ったというか、イニシエートできるタイプのサポートがかっこいいなと思うようになりました。そして最近「LJL」で通訳のために韓国人選手を中心に観るようになってからは、ジャングラーに興味津々。ジャングルを回るルートについての解説などを聞くのが本当に楽しいです。

    8.好きなチームは?(国外問わず)
    この質問はきっとLoLで、ということかと思いますが、好きなeスポーツチームは今でもStarCraft: Brood Warの韓国チームMBC GAME HERO(2012年解散)だけです。頑張ってほしいなと思うのは個人的に運営陣と交流のある韓国のROX やKONGDOO、台湾のFlash Wolvesなどですね。日本の「LJL」のチームは毎週スタジオで顔を合わせるようになってから情がわいてしまい、全チーム大好きです。

    9.好きな選手は?(国外問わず)
     StarCraft: Brood WarやStarCraft2に好きな選手が山ほどいるのですが、この質問もきっとLoLということでしょうから、間をとるような形で韓国のWatch選手としておきます。彼はもともとStarCraft: Brood Warのプロゲーマーで、プロリーグがStarCraft2に移行したのをきっかけにLoLに転向しました。StarCraft: Brood Warでは花開かなかったので、LoLで活躍してくれて嬉しかったですね。

    10. LOL を観戦し始めたきっかけは?
     「GeForce LAN 2012」取材で中国へ行ったときに観た台湾のTPAと中国のWEの試合が初めてのLoL観戦だったと思いますが、当時はその面白さまではわかりませんでした。次に観戦したのが日本のJCGの「Grand Championship 2014」で、このときにLoLの面白さと選手たちの魅力を感じました。その直後に「LJL」が開幕し、韓国メディアから取材を頼まれたのをきっかけにLoLの取材を始めて現在に至ります。
     写真提供させていただいたG4Bの記事
    韓国メディアに掲載した記事をまとめてくださったTEEモさんのブログ

    11. LOL の良い所
    もともとStarCraftシリーズのファンなので、相手の構成を見ながら自分たちの構成を整えていくところや、ネクサスを破壊するために試行錯誤していくところなどはStarCraftシリーズと共通するものがあると思います。共通しないところだと、チームゲームの面白さに気づかせてもらったことでしょうか。完璧なタイミングのギャンクや美しいセットプレイなど、チームワークの良さが見えるプレイは本当に魅力的だと思います。

    12.最後にファンに一言
    選手でもキャスターでもない、通訳兼ライターという立場にもかかわらずこれだけ応援していただけるなんて、本当に感謝しかありません。これからもeSportsファンの皆さんに喜んでいただけるようなお仕事をしていければと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。



    スイニャンさんのTwitter:https://twitter.com/shuiniao
    スイニャンさんの関連オススメ記事も一緒にチェック!!!
    ・ALIENWARE ZONE

    ・LJL公式
    ・SHIBUYA GAME
    ・AUTOMATON
    ・GAMER'S EXPRESS





    2ZWZu
    管理人「スイニャンさん、多忙にも関わらずインタビューを受けて頂きありがとうございました!選手がどういった経験して、どんな表情で、どんなプライベートを過ごしているのか、その選手の背景を多く知った上で試合観戦するのが好きなので、スイニャンさんが執筆されている記事はいつも楽しく拝見してます。個人的オススメは天真爛漫Paz、「日本の『LoL』シーンを盛り上げられる選手になりたい」。これからも応援しています!!」

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    スイニャン1
    LJL勝利後のインタビューで選手の後ろで通訳している美人は誰だ!?
    そう思った人は多いと思います。私もそうでした。

    今日はそんな謎美人の正体を明かしていきます。

    名前:スイニャン
    Twitter:https://twitter.com/shuiniao
    年齢:不明
    LOL:観戦勢
    職業:通訳
    eスポーツライター(eSports journalist) メイン→StarCraft: Brood War, StarCraft2, LoL / 時々→Vainglory
    スイニャンさんが執筆した記事
    【スイニャンの心ゆくまでe-sports】第1回 スイニャンって何者?に答えつつ、e-sports観戦の醍醐味を語る
    今日からあなたもeスポーツ観戦勢!LoL非プレイヤーがプロリーグ「LJL」を楽しく見るための手引き
    格闘ゲーマーどぐら選手の素顔に迫る!(前編)―サイクロプス大阪所属のプロゲーマーになって―
    『e-sportsを仕事にする』ということ e-sportsライター”スイニャン”

    以下本人のTwitterから抜粋
    Q.とても美人さんです!
    A.ちなみにカメラ映りが良いほうなので実物は普通です笑。

    Q.ろるはお好きなんですか?
    A.eスポーツ観戦が趣味でプレイはしないんです。本来はスタクラが好きなんですが、LoLも基本のルール覚えてからは好きになりました。スキルとかアイテムとか分からないものも沢山あるのでまだまだ勉強中です。

    Q.語学の方は学校でですか?
    A.韓国に留学してて、仕事も合わせるとトータルで5年住んでいました

    Q.韓国にはいつから興味もったのですか?
    A.10代の頃から今で言うK-POP聞いてましたね、当時はそんな名称もない時代でしたが。(年がバレる笑)

    Q.ちゃんとlolがわかってる人が通訳だと頼もしくて聴きやすかったです!
    A.そもそもeスポーツを知っている日本人の韓国語通訳者がほぼ存在しないのでわたしに依頼が来る感じですね。もちろんLoLももっと勉強します!

    Q.スイニャンさんが書いてたのがスタクラの記事ばかりだった頃はなぜか独占できている日本スタクラ界の宝って感じだったけど こうしてどんどん活躍の場が広がってるのを見ると世界のスイニャン、esports全般のスイニャン、秘密結社スイニャンであるってことを実感するねぇ
    A.謎の秘密結社推しwww スタクラも頑張るよ。

    Q.男性だと思ってましたw これからインタビューが少し楽しみになりそうです!頑張ってください
    A.スイニャンおっさん説あるあるですw 通訳の機会はそれほど多くないとは思いますが頑張ります!


    これからはインタビューも大注目ですね!!

    このページのトップヘ